僕は君が

ときめきの用例採集

2月まとめ

2月。もはや3月末だけど、あとで読み返す自分だけが愉快だろうから2月のまとめを書いておく。2月前半はBLEACH映画やおお振り舞台の影響で「実写」と「原作」の乖離や理想について考えることが多かった。アレコレ思案しがちなオタク。後半は急遽10日ほど京都に滞在することになったので、ついでに足を伸ばして大阪や兵庫へ。京都は相変わらずの寒さで、これだから京都は!!!と多分100回ぐらい口にした。もはや呪詛。どうせ京都に行くなら、あと2週間ほどずらして東山の花灯路のシーズンに行きたかったなぁ。花灯路はどれだけ混雑していても観に行きたさの方がなぜか勝るイベント。京都三大祭りとかは人出が凄まじすぎるので頑張れない。
2月にチケット入手のために張り切ったのは、宝塚月組東京公演の一般発売。宝塚大劇場で惚れこんで東京のチケットも購入。BADDY最高!もう少しでついに東京へ!


1週目、2/1~3
3日中2日間ボルダリングに勤しんだ結果、筋肉痛がひどくてひどくて、箸を持ち上げるのも億劫な事態に。腕がぷるぷる震えた。最近は都内のその他ジムも開拓しようか悩み中。


2週目、2/4~10
2/4、『BLEACH』実写映画の朽木ルキア嬢のキャスト発表。オタクな私が二次元で最も好きな女性キャラクターは朽木ルキア嬢で、実写化が発表された頃からかなりの覚悟はしていた。実写と原作は別物。オーケー、オーケー。共存しよう。……でも!でも!髪型ぐらいは原作に添ってくれると思い込んでたよ……!主人公・一護のオレンジ色の髪にはものすっごくこだわってなかったっけ???どうして朽木ルキア嬢の髪型はそもそも違うの??? I am 心の狭いオタク……。覚悟なんてできてなかった。
2次元の実写化への批判として「ただのコスプレ」というフレーズをよく見かけるけれど、私はそれを悪いポイントとはまったくとらえていない。むしろ歓迎している。まずは外見から近づけていこうという意図が嬉しい。二次元のキャラクターってシルエットだけでも伝わるほどに特徴がつけられていることがままあるので、外見って大事だと思うんですよ~~~。ああ、杉咲花ちゃんの髪をいじるのは事務所NGだったのかな~~~。……と勝手に推測していたら、その後発表された花より男子続編ドラマで花ちゃんが思いきり髪をカットしてるっていうね!ソフトバンクCMでも惜しみなく披露してるっていうね!

2/6、『おおきく振りかぶって』舞台。青春が今ここに!オープニングとエンディングのダンスで涙腺が一番刺激された。ドラマチックチック 止められそうにない 止めたいと思わない~。

seshiki.hatenablog.com

2/10、銀座三越などでバレンタインチョコを大量購入。バレンタインといえば、義理チョコを止めませんかというGODIVA広告の影響で、それぞれの中でのGODIVAブランドへのイメージがネット上で浮き彫りになっていて興味深かった。圧倒的有名ブランドだからこそばらまく義理チョコ用でGODIVAに信頼を寄せていた派としてはなかなか肩身が狭い。そんなこと言わないでよGODIVA!という心境。あ、ピエール・マルコリーニのバレンタイン仕様は今年もキュートだった。

f:id:se__shi_ki:20180328165531j:image


3週目、2/11~17
2/11、takarushの謎解きイベント「古書店まんせい堂奇譚」に挑戦。秋葉原で健全に体を動かしてる~~~!という点がまず新鮮だった。ゲームや同人誌を買ったりAKBカフェを覗いたりするだけの街じゃないですもんね、秋葉原は。まあ、そういう過ごし方しかしてこなかった私は、マーチエキュート神田万世橋の存在もこのイベントで初めて知った。何てオシャレな建物!でも結局、ラストの謎を考えるためにオタクに優しいお店・パセラに引きこもることに。パセラのホーム感たるや。2月の寒空の下で謎を解くのは少し厳しくて、パセラやその他のカフェでも謎解きに取り組んでいる仲間が大勢いた。

blacklabel.takarush.jp


2/12、先行配信されたlemonを即ダウンロード。アンナチュラルのラストに神がかったタイミングで流れるこのlemonがすきですきで、lemonの存在によって私の中でのアンナチュラルへの好感度が桁違いに上がっているとさえ思う。


2/13、『ドルメンX』の実写化発表に驚愕。このマンガで佐藤流司さんを覚えた。

natalie.mu

2/16、フィギュアスケート男子ショートプログラム。TVモニターの前を偶然通りかかったら、ちょうど羽生選手滑走のタイミング。せっかくなので人だかりの中で見た。滑りを見届けた人たちが、滑走後に集まってきた後方の人へ、首位ですよ、ノーミスですよ、と教えてあげる様子にほんわかした。やさしい伝言ゲーム。隣にいた見ず知らずのマダムがネイサン・チェン選手推しらしくて、マダムの解説(&悲鳴)とともに彼の滑走も見届けてからその場を離脱。ネイサン・チェン選手の実力はこんなものじゃないというマダムの力説が気になって、翌日のフリーで彼をチェックしてから外出した。いやぁ、すごかった。呼吸を忘れるほどに惹きこまれた。マダムの言っていたとおり。


2/17、『密やかな結晶』観劇。ビジュアルは心底好きなんだけど、という面倒な感情を書き綴った感想はこちら。

seshiki.hatenablog.com 

 

4週目、2/18~24
2/18、予告編を観た日からずっと楽しみにしていた『グレイテスト・ショーマン』を張り切って観に行った。結果、楽曲は最高オブ最高だけど、このストーリーは何だ……?と脳内をクエスチョンマークで埋め尽くすことに。楽曲と映像は本当にすきだから余計にいたたまれない。どうしてこうなった。

 

2/20、『熱海殺人事件 CROSS OVER 45』を観た。NON STYLE石田さんの誕生日!おめでたい!味方さん演じる木村伝兵衛警部の神々しさにくらくらした。

seshiki.hatenablog.com


2/21。そうだ、京都へ行こう。この日から10日間ほど京都に滞在。ずっと同じホテルをねぐらにしていたので、新幹線に飛び乗る直前まで荷物を片付ずにすんで居心地最高だった。面倒くさがりの極致。


2/22、『メタルマクベス』発表。髑髏城で終わりじゃなかったんだ!?一報を目にして京都のホテルで叫んだ朝。『メタルマクベス』はとにもかくにも歌が好き。座席によってはまったく歌詞が聞き取れなかったあの髑髏城でメタマクとは……と思いつつも行く気満々。周囲ではdisc3への反響が特に大きくて、またチケット戦争なのかと戦々恐々。

natalie.mu


2/23、久しぶりに宝塚大劇場で宝塚を観た。突然の京都行きによって『ポーの一族』が観れなくなって血の涙を流したので、それなら宝塚で観てやろう!と思い立って月組チケット購入。東京より圧倒的にチケットを買いやすくて最高。

seshiki.hatenablog.com

seshiki.hatenablog.com

せっかくの機会だからと、宝塚歌劇の殿堂も楽しんできた。息を呑むほどに美しい~~~!と思えるジェンヌさんばかりで、ここでまた新たな沼が生まれるのでは……。

f:id:se__shi_ki:20180328165650j:image

この日は昼に宝塚でハートを掴まれたかと思えば、夜はMステでハートを奪われた。おとなの掟!並び立つ松たか子嬢と椎名林檎嬢!字面だけで最高では???唇を開く一瞬前に凛と視線を上げる椎名林檎嬢は魅せ方を熟知していて素晴らしすぎる。


2/24、『マリーゴールド』発表。TRUMPシリーズ10周年のアニバーサリー企画と言われましても!血塗られた歴史すぎてアニバーサリー感とはかけ離れてないかな!ああ、ミュージカルが好きなのもあってもう今から楽しみで楽しみで待ちきれない。しかも、アニバーサリー企画第一弾ってことは次も控えてるということで。頑張ってチケット獲ろう!

natalie.mu

夕方にはノンバーバルのパフォーマンス『ギア-GEAR-』を観た。京都をふらふら歩いていたおかげの幸運。

seshiki.hatenablog.com  

5週目、2/25~28

ユニバ!コナンとFF目当てという潔いほどにクールジャパン2018推しで行った。一人でも多くの人にコナンのリアル脱出ゲームに挑戦してもらって、蘭ねえちゃんの可愛さを分かってほしい。フォールインラブしてもらいたい。蘭ねえちゃんが何人のキャストで担当されているか不明だけど、私が目にした毛利蘭は心底キュートだった。最近のgoogle検索履歴は「USJ キャスト」で埋まってる。どれだけ調べてもあのキャストさんのお名前が分からなくて挫けそう。

seshiki.hatenablog.com

f:id:se__shi_ki:20180328165804j:image

 

2/28だったかな。スケジュールの合間にぽっかり時間が空いたので、インスタ映えで人気らしいカフェに一人で行ってきた。 カラフルなクリームソーダが有名だそうで。ただ、こうして写真に収めてから気がついたけれど、カラフルなクリームソーダが有名ならせめて2人以上で行って違う色をオーダーすべきだったなぁ。一人で行ったがゆえに、なぜか目の前に鏡が置かれた一人用テーブルに案内されたのも困惑した。河原町のシンセツというお店。

f:id:se__shi_ki:20180328165823j:image

 

以上で、あちこちに行っていた2月おわり。現在進行中の3月では、豪雨の中の箱根旅行や連日の試験勉強漬けで落ち込んだりもしたけれど、わたしは元気です。

 

odaibako.net