僕は君が

ときめきの用例採集

クリスマスをハンサムたちと過ごしてきた!

12/25、「HANDSOME FILM FESTIVAL 2017」に行ってきた。通称、“ハンサム”(らしい)!この記事では、顔が整っているという意味でのハンサム、イベント名称としてのハンサムなど様々な用途で使っているため、「ハンサム」というワードがゲシュタルト崩壊気味!

まず「HANDSOME FILM FESTIVAL 2017」とはアミューズ所属の若手俳優達による年末恒例(?)のスペシャルイベント。これまでとは形式が変更になったらしく、今回は7本のショートフィルム上映とライブで構成。出演者は、石賀和輝さん、石原壮馬さん、太田将熙さん、甲斐翔真さん、金子大地さん、神木隆之介さん、小関裕太さん、富田健太郎さん、正木郁さん、松岡広大さん、溝口琢矢さん、吉沢亮さん。2017年トレーラーはこんな感じ。

www.youtube.com

ぴあでの当選確率が上がるという触れ込みのプラチナチケットをどこで使うか悩んだ末、当選確率不明なこのイベントに試しに申し込んでみたところ見事当選。プラチナの効力なのかは正直不明。KAT-TUNヲタの友人と二人で東京ドームシティホールに行ってきた。色々カルチャーショックで最高に面白くて楽しかったので覚えてる限り書き連ねてみる。アミューズ、年末にこんなキラキラしたお祭りしてるの!?という衝撃が半端ない。まだキラキラの名残が続いてる!ありがとう大好きだよ~心から感謝してる~♪
私と友人のスペックとしては、イケメンの見分けがつかない元AKBヲタ(AKBグループの女の子たちの判別なら200人以上余裕だったのに!)とKAT-TUNヲタ。そもそもハンサムフェスティバルなるイベントを知らなかったレベル。ちなみに今回の出演者のうち、イベント時点で二人ともが知っていたのは神木隆之介さん、松岡広大さん、吉沢亮さんの3名。数少ない知っているメンバーの松岡広大さんは『髑髏城の七人』公演で25日不参加のため、2名しか分からないかなり心細い状態で参加。予習した方が絶対に楽しめるはずなのでその予定だったけれど、二人とも師走の忙しさでままならなくて断念。一応、私たちのハンサムでの推しは、全国民から愛されている(に違いない)神木隆之介くん。『3月のライオン』完成披露試写イベントで生で見たときの対応が最高オブ最高だったのもあって、推すならばやっぱり神木くんという見解で一致。

オープニングムービーは、学校を舞台としてそれぞれのメンバーが名前とともに紹介されていく感じ。鉄道のジオラマみたいなものをぶん投げる神木くんへの歓声がすでに凄まじくて、これはハンサムすごそうだぞ……!と初心者のバイブスも否応なく上がるわけで!その後、映画研究会の部室セット上で、制服姿の11人による芝居パートが開幕。映写した者がその映画の中に入り込んで主人公になれるフィルム、という設定でショートフィルムは撮っているらしい。その7本のフィルム上映と設定に即したステージ上でのお芝居が交互に展開。

f:id:se__shi_ki:20171230163429j:image

ここからは、初心者が体験した「HANDSOME FILM FESTIVAL 2017」の最&高な5点!

若手俳優陣の名前をマスター
初心者ゆえに受けた恩恵としては、アミューズ若手俳優陣の名前が覚えられる!オープニングムービーでの紹介もあり、ショートフィルム中での名前連呼もあり、途中MCでの自己紹介もあり、そういった積み重ねで最終的には11人全員の名前をフルネームで覚えられたぞ~~~!名札でもぶら下げてくれないかな?と序盤は正直思ったけれど、基本的に2人で出演するショートフィルム形式が功を奏して、7本のフィルムを見終えたときには11人全員の苗字は多分マスターできていた。合間のお芝居パートでも名前を言い合うし、ライブパートではアイドルさながらの自己紹介までしてくれて、至れり尽くせり。舞台上にハンサムなメンズ11名が揃い踏みという状況にまず戸惑っていた人間としては、顔とフルネームが一致したのは大いなる成果。ここで、25日に出演していた11名の中で私が特に気になった5名についてプレゼン。

1.神木隆之介さん

全国民からの好感度が高いだろう神木隆之介さん。今回のハンサムフィルムフェスティバルでは映画研究会の部長役。まだまだ制服姿が似合っていて、永遠のきらめき。ショートフィルムの合間のお芝居パートでは神木くんがトークを回すことが多めだった。部長の職権乱用は凄まじくて、神木くんのお願い(無茶振り?)によって石原壮馬さんが「ドリフェス!」の決め台詞を言ったり、甲斐翔真さんが仮面ライダーの変身を披露したり、観客の歓声を自由自在にコントロールしていた。ライブパートでのMC担当・溝口琢矢さんがマイクの音声不良で一旦はけた後、代打MCになった神木くんが、25日だけ出演の石賀和輝さんの努力に触れていて、そういう細やかな気遣いが最高だなと。そういえば、マイクの音声不良の際に「みきこが乗り移った~!」とこれまでのホラーネタを使って神木くんが場を繋いだけど、すぐさま「みきこって誰!まきこ!」と周囲からツッコミが入れられていて可愛すぎた。一人ひとり挨拶するときには何度もお礼を言ってお辞儀もしていて、本当に謙虚で好感度が限界突破する勢い。

 
2.小関裕太さん
バルコニー席からステージ上の姿を見下ろすだけでも、小関裕太さんのスタイルの良さは圧倒的。長身かつ細い。松岡広大さんと出演した「真夏のような夢」(“惚れ水”によって恋が芽生える二人を描いたストーリー)での、色気漂う様がとてつもなかった。そりゃ黄色い声も上がる。perfumeのダンスもキレよく踊っていて最高。ライブパートで一人ひとり挨拶していく中で、「3バルー!2バルー!1バルー!広いとこー!」と煽るのはずるい。広いとこって何ですか、可愛すぎる。あの天然っぽい煽りで一気にハートを掴まれた。

 
3.正木郁さん
自己紹介パートでの挨拶、アイドルみたいに流暢すぎないですか!?何度も言い慣れたような洗練された挨拶で、すごい人がいるぞ!と友人とすぐさま盛り上がってしまった。プロ根性を見た。フィルム「ZOMBIE High School」でのメイド服姿は、神木くんたちに褒められた通り非常に可愛らしくて、ハンサムってすごいな……何でも着こなせるのか……と恐れさえ抱くレベル。同じくメイド服姿を披露した富田健太郎さんと正木郁さんの二人ならどちらを選ぶ?と、吉沢亮さんが急に選択を迫られる展開には笑った。顔面国宝にはたしかに選ばれたい、分かる分かる。ちなみに、勝者は正木さん。女子っぽさが極まっている。ライブ中にも「どこよりもここをキラキラさせましょう!」と盛り上げていて、東京ドームシティーホールは本当にキラキラしてた。ハンサムたちはすげえや……。

 
4.溝口琢矢さん
愛称、みぞたく?お芝居パートでもサブMCっぽく、ライブパートでは完全なるMC担当。顔がいいだけじゃなくトーク回しも淀みないってスキル高いなーと思っていたら、終盤に今回が初MCだと語っていて、えええ!?と驚いた。出演している全員を知っているわけではなかったけれど、溝口さんが満遍なくトークを振って進行してくれたから初心者でも楽しめた。マイクの音声不良トラブルのときも焦らずに対応されていて、MC慣れしてると勝手に思い込んでいた、本当に。フィルム合間のお芝居パートで無茶振りの被害に遭いかけた神木くんを「部長だぞ!」と庇ってあげていたのに、その後神木くんの無茶振りによってアレコレさせられたのは面白すぎた。「部長、俺さっき部長のこと庇いましたよね!?」と抵抗しても全く効果がないという神木くんの独裁。

 
5.吉沢亮さん
顔面国宝。『ママレード・ボーイ』出演が決まった際の「ついにこの顔面をフル活用する時が来たなと」という吉沢亮さんのコメントが最高オブ最高ですごく好きなのだけど、ハンサムフィルムフェスティバルでも遺憾なく顔面のフル活用だった。自分の武器を熟知しているあの感じ、元NMBみるきーを無性に思い出す。よい。オープニングムービーでのあの挑発的な舌舐めとか、何かもうホールが揺れた。ハンサムでは観客に向けて甘い言葉を直接言うといった形式は意外にもあまりなくて、若手俳優同士がペアになって、その相手に甘く囁くという体が多かった。いい意味で、観客=恋人設定が少なかったような。若手俳優陣が演じる女子というフィルター越しのほどよい距離感。吉沢亮さんも溝口さん相手に「今夜は俺がお前の体をジングルベールしてやるよ」という迷言をぶちかましていた。ジングルベールとは。その一方で、容赦なく確実に仕留めていく感のあるファンサも披露!一方向へのファンサタイムがほんの少し長めだからか特別感が強い。殺傷能力が高い。上手側のバルコニーだったのだけど、吉沢さんがこちらの方向に宛てて息を吹きかける(?)みたいな仕草をしたときは、エリア一帯どえらいことになった。あの瞬間、世界は吉沢亮さんのもの。アンコールでは「愛してるぜ、いい夢見ろよ!」と叫んで、最後の最後にキメるのがさすが。


②"演技"と"素"の美味しいとこ取り
ハンサムたちから、今回構成が変わったので皆さんに楽しんでもらえるか心配だった、という趣旨の発言が度々あったけれど、これが初めてのハンサムフェスだった初心者としては、彼らの本業である"演技"を観ることができてよかった。これまではライブがメインだったのかな?ライブを期待していた方にとってはたしかに凄まじい変化なのかもしれない。
「主役遊戯」「真夏のような夢」「アクション」「俺の為に書いてくれ」「学園のゴースト」「ZOMBIE High School」「健康トモダチ診断」と7本上映されて、このフィルムでは"演技""素"の両方を観客側が思い思いに堪能する雰囲気だった。それが顕著だったのは、ミザリーめいた「俺の為に書いてくれ」(神木隆之介さん、吉沢亮さん出演)。神木さんが吉沢さんを拘束して「俺はお前のことばっかり考えてるのに何でお前は考えてくれてないの、俺たち親友でしょ?」などとアンバランスな笑顔で迫って自分のために曲の歌詞を書かせようと追い込んでいくストーリー。この神木さんがまあ怖かった!怖い怖い怖い!何気ない笑顔から真顔になってノンブレスで吉沢さんを攻め立てていく狂気が恐ろしくて、ひぇええええと無意識に声が出ていた。その一方で見ようによっては、神木さんが吉沢さんに(親友とはいえ)熱く迫っているシチュエーションなので、きゃああああという歓声も上がるわけで。この辺りの、"演技"と"素"どちらの側面から楽しんでも構わないという和やかなムードが面白かった。フィルム本編の内容については正直、そういうオチで終わらせちゃうの?と感じることも多くてストーリー性はあまり感じなかったかも。ジャンルは様々だったけど、最後にひと笑い起こしての完結が多かった。


③一秒一秒がオフショット
言うなれば、フィルムパート以外は全てオフショット!普段はお芝居が本業である俳優陣のわちゃわちゃを嫌いな人はいないはず!アミューズ独特の雰囲気なのかは初心者なので不明だけど、先輩・後輩の強調は一切感じられず、それでいてグダグダにはならないほどよい距離感。俳優という職業は当然個人プレーで、今回の出演者たちはアイドルみたいに終始一緒に行動しているわけでは(恐らく)ないから、この場限りのチームプレイって考えるとその点でもレア度が高い。俳優個人を推していても、集団の中での振る舞いやポジションに推しポイントを見出すケースもあるわけで、出演メンバーを知っていれば知っているほど相乗効果で楽しみが倍増していきそうなハンサム。

あ、わちゃわちゃは好きだけどいちゃいちゃには興味がないというか、多少いたたまれない気持ちになる派なので、トークパートでのBでLっぽい展開への流れには、アミューズすごいな……と感心さえした。体を張っているというか何というか。公式イベントであの振り切れっぷり。ハンサム初心者としては、いちゃいちゃまで行かずとも、わちゃわちゃですでに大満足でした!


④アイドルさながらのライブ

イベント後半には衣装を着替えたメンバーが再登場してライブパートがスタート。ジャニーズかよ……!とジャニヲタ友人が頭を抱えるほどに、若手ジャニーズっぽい衣装。吉沢亮さんの衣装がものすごくわかりみが深かった。吉沢さんはそういうパンツでしょうね……!という謎の納得。

何より衝撃だったのは、オリジナル楽曲あるんだ!?アミューズといえば福山雅治Perfume、ポルノなどの錚々たる歌手が揃っているのに、敢えてのカバーじゃなくこのイベント用にオリジナル楽曲を持っているという衝撃。ハンサムって一年に一回だけのイベントですよね!?歌のパート分けがフィルムのペアであることも多くて初心者にも親切。神木隆之介さんと吉沢亮さんのシンメ感が奇跡のように美しかった。その上、どの曲でもダンスが当然のごとくあって、年末のこの三日間のためにどれだけの時間を捧げて練習しているんだろうと影の努力に思いを馳せてしまう。全くグダグダなダンスではなくて、本当にクオリティーが高い!

曲も色々なテイストのものがあって、アッパーチューン系の「無礼講!」がめっちゃくちゃ盛り上がった〜〜〜!オリジナル楽曲でタオル曲まで持ってるってすごい!恐れ入る!物販でバンダナを購入していなかったことを激しく悔やんだ。「浮かれ気分で投げキッス!」や「ここで一発キャノン砲!」の楽しさが振り切れていて、無意識で笑ってしまうレベル。た、楽しい~~~!ハンサムたちによる投げキッス〜〜!ぶちかまされるキャノン砲〜〜!!!バルコニー席でさえも余裕で金テゲット。終演後にはこの金テの譲り合いが行われていて、ジャニヲタ友人も感動。サインボールとかはないのかー、と文化の違いにも感心していた。


⑤ド直球の感謝を捧げてくれる
クリスマスを捧げたことに対して、まずすごく感謝してくれた。参加したのは25日夜。「クリスマスにここに来てくれて~」「聖夜にわざわざ来てもらって~」など、クリスマスにハンサムを選んだことを大いに讃えてもらえた。クリスマスなんて前日24日が本番と思っていたので全く気にしていなかったのに、ハンサムたちの心遣いが沁みる。

次にファンの方々への日頃の感謝。これが一番伝わってきたのはライブパートアンコールで歌った「Dear My Girl」(比較的簡単な振り付けだからすぐにマスターできてよかった)の歌詞。

ありがとう大好きだよ 心から感謝してる

このド直球な感謝!推しにこれを言われると泣けるな~~~。あまりに清らかな感謝をド直球に歌い上げているこの歌詞には、心臓が痛くなってきた。「生身の人間」を推し・担当・贔屓にするのって、二次元とはまた違うベクトルでの疲弊や苦労があるとAKBヲタ時代に痛感したけれど、ここで歌われるファンとアミューズ俳優陣との関係は美しくて、今回イベントに偶然紛れ込んだような初心者でもうるっときた。年末のこのキラキラしたお祭りは日頃支えてくれているファンの方々への感謝祭なんだな。感謝を伝えるために、ファンを少しでも喜ばせるために、本業である俳優としてのお仕事で忙しい時間の合間を縫って、あれだけ高いクオリティーのライブを披露できるように試行錯誤を重ねているんだ、きっと。こうしてアレコレ考えているうちに、アミューズという事務所にまで好感を抱いてきたぞ。

 

終演後、◯◯君は来年にはいないかもしれない……なんてお話をされている人たちを何人も見かけて、ハンサムにも卒業システム(?)があるのかと遅ればせながら気がついた。たしかに「新人ハンサムから昇格しました!」なんて挨拶もあったし、メンバーは毎年変動があるのか。このフレーズを聞いたときは、新人ハンサムって何だ!?とそちらにばかり気を取られていた。来年まったく同じメンバーがステージに揃う可能性はきっと少なくて、本当に一期一会のイベントなんだと改めて気づかされる。

アミューズ若手俳優さんたちによるキラキラしたお祭り、本当に最高でした!