僕は君が

ときめきの用例採集

『池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE』(12/23)

池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE』の12/23マチネ公演のネタバレ感想。

深夜再放送でハマったドラマ、IWGP!初めて「脚本家」の存在を強烈に意識した作品。加藤あい様が可愛くて可愛くてヒカル目当てで観始めたはずが、窪塚洋介さん演じるキングにも夢中になった。頭のネジが何本も吹っ飛んだリーダーが好きなのは、確実にこのキングの影響。原作を読んでみて丸っきり違うキングのキャラクターに驚いて、クドカン脚本と窪塚さんすごすぎる~~~!と恐れ戦いた記憶がある。あの原作からどこをどうすればあのキャラクターを生み出せるの……?
ドラマのイメージが強烈すぎたけれど、原作は原作で好き。ただ最近は追っかけられていないから記憶も曖昧。最後に読み返したのは数年以上前な気がする。『キング誕生』も読めていない。そんな状態ながらも、ドラマIWGPにハマっていた身としてはやっぱり今回の舞台も観たくて、張り切ってチケットを複数枚購入。染谷さんの先行で申し込めたから特典でポストカードが貰えた。この舞台ではチケットにURLが記載されていて、そこへアクセスすると本編メインテーマの曲が聴ける!このアイディア、最高!公式サイトの方では何故か案内が未記載(多分)なのでもったいない。公式Twitterでは案内あり。

場所は東京芸術劇場シアターウエスト。舞台構成が特殊で、客席は舞台を挟んだ対面式。プレミアムシートはステージ上の座席になるみたい。今回一般席だったけれど全く支障なくステージを観ることができた。通路をキャスト陣が通る、通る。靴音がするなーと振り返ったらキングが歩いてきてるなんてことが何度もあった。当時の池袋西口公園に観客も同席している雰囲気。これぞ360°ステージ!プレミアムシートはより臨場感がありそう。にしても、IWGP舞台が池袋の東京芸術劇場で上演されるってエモくないですか……?しかも、池袋西口公園の再整備が決まっているこのタイミングで。地方出身者としては、池袋のイメージなんてIWGPデュラララ!!で培ってきているから、池袋といえばカラーギャングもしくは首なし騎士という偏った知識。
時間は休憩時間なしの二時間。12/23マチネ公演は17:02には終演。公演開始15分前よりステージ上でストリートダンスバトルが開催されていて、舞台が始まる前から異様なほど盛り上がった。身のこなしが凄まじすぎて、ダンスバトルめっちゃくちゃ楽しかった~~~。SONG&DANCEを銘打っている今回の舞台にふさわしい演出!ちなみに、対抗戦の決着は観客の拍手で決定。

うだつの上がらない生活を送りつつも、池袋一のトラブルシューターとして周囲から一目置かれる存在の真島マコト(大野拓朗)。
池袋ウエストゲートパークを牛耳るのは、マコトの親友でありキングとして君臨するタカシ(染谷俊之)率いるG-Boys。一方で海外帰りのニューギャング、京一(矢部昌暉)が築いたレッドエンジェルスも、その勢力を伸ばしていく。
対抗勢力として次第に抗争が激化するG-Boysとレッドエンジェルス。池袋の未来を危惧しつつも、そんな状況を見て見ぬ振りをしていたマコトだったが、彼の元に現れた「この抗争を終わらせる」と語るビデオジャーナリストに煽られ、抗争を止めるべく動き出した。しかしその矢先に、とうとう犠牲者が出てしまう。ヤクザをも巻き込んだ抗争は両チームの全面戦争、ついにはタカシと京一の一騎打ちへと発展する。
最悪の事態に陥ったこの状況をマコトはいかにして乗り切るのか?そして抗争の果てに訪れる池袋ウエストゲートパークの未来とは?

 

池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE 東京芸術劇場

 

冒頭、ハードカバーの『池袋ウエストゲートパーク』を手にして登場するマコト。トレンチコートを着て大人びたマコトが過去を振り返る形式で始まる舞台。「──さあ、始めよう。今から20年前の古びたストーリーを」。「20年前」と改めて言葉にされてもいまだに信じられない。深夜再放送のドラマでハマったとはいえ、池袋ウエストゲートパークがそこまで遠い過去で、「古びたストーリー」と称されるようになるなんて。

池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE』、ツッコミどころはありつつも面白かった。SONG&DANCEとはミュージカルってことでいいんですか?と恐る恐る観に行ったけれど、紛うことなくミュージカルだった。原作でも京一がダンサーという設定だし、SONG&DANCEは意外にもIWGPの世界観に合っている。初回の12/23マチネ公演ですでに歌もダンスも完成度が高くて満足度高し。キャスト陣の数が限られているからだろうけど、青と赤のスカジャンを着替えることでG-Boysとレッドエンジェルスを同じメンバーで演じ分けていた。最初目にしたときは、G-Boysの一部がレッドエンジェルスに寝返ったってこと?と一瞬戸惑ったけれどそんなことはなかった。
SONG。冒頭にほぼ全員で歌い上げる「IWGPSDのテーマ」、キングのソロナンバー「タカシのテーマ」、マコトと女の子のナンバーなどが耳に残った。「IWGPSDのテーマ」のときのマサ(塩田康平さん)がかっこいい!一部ナンバーの歌詞はパンフレットに記載されている。CDも3月に発売予定らしい。3月かー。
DANCE。一般席でさえステージとの距離が近いのでとてつもない迫力!群舞が好きなので、G-Boysとレッドエンジェルスが入り乱れるシーンがお気に入り。

ストーリーとしては女性キャストが登場しないから(子役の女の子は出演)恋愛要素はないんだろうと予想していた通り、原作のそういった部分は一切省略。マコトの初恋は描かれなかった。『池袋ウエストゲートパーク』の事件は比較的、性絡みのものが多い印象だけれど、今回の題材である「サンシャイン通り内戦」では極道までも絡むギャング抗争がメイン。ただ、あの石田衣良原作の小説を舞台化するのに、性描写封印っていうのはもったいない気もする。
舞台では、トラブルシューターとしてのマコトの強かさより、池袋の街や友人たちをどうすれば守れるのかという苦悩が全面に押し出されていた。原作のマコトは結構大人を上手に利用していて図太いイメージがあるけれど、舞台のマコトはさらに無鉄砲で、かつ大人との協力も厭わない感じ。舞台化するにあたって「サンシャイン通り内戦」はIWGPの中でもよい題材で、キングのあの見せ場がある~~~!と勝手に沸いていたけど、内戦という泥沼に突っ込んでしまうまでの経緯が舞台では結構あっさり気味。暴走めいた内戦突入が若者らしいといえばらしいのか。カラーギャングである青少年たちが主役のはずなのに、事件の種明かしをしてみればただ単に大人の掌の上で転がされていただけの「ガキ」にしか過ぎない。大人に一矢報いることができる存在のはずのマコトでさえ、舞台では、大人の善意(横山からの映像提供)に助けられて事件解決に成功したように若干見えてしまう。おまけに、リーダー二人の制止にも耳を貸さず、カラーギャングたちは結局ナイフを手にして抗争を起こしちゃうって何それ悲劇。この辺りだけ残念だったけれど、原作やドラマ未見なら別に違和感もないかも。当時の若者の暴走にも近いあり余る熱を表現するには、抗争は避けられないっていう今回の締めくくりの方がよいのかな、どうなんだろう。ちなみに、舞台で初めてIWGPを観た同行者の感想としては、面白い、歌はそれなりにキャッチーで頭に残る、マサが京一側についた理由を知りたい、マコトが周囲から一目置かれているのは何故?、抗争を止められないリーダーの存在価値は?(義務感でリーダーを受け入れたはずのタカシが結局役割を果たせていなくて気の毒)などだった。

f:id:se__shi_ki:20171225231155j:image 

キャスト別感想。
大野拓朗さん。真島誠。マコト。ロミジュリで観たあのマイペースそうなロミオがマコトに!苦悩している姿ばかり観てきたから、マサとのコミカルなやり取りなどは新鮮だった。実家のフルーツ屋シーンではエプロンをつけていてさらに長身が際立っていた。エプロンの丈が短い!どのチームにも属さないマコトのすごさって、それぞれのリーダーであるキングと京一から一目置かれていることで伝わってきて、二人のカリスマ性が凄まじいからこそ成り立つ感じ。あの二人が認めているからただ者じゃないんだろう、という逆説。マコトの武器は、交友関係によって集まる"情報"、軽やかさの中に潜む老獪さ、などと思っていたから、舞台上で体当たりで事件解決に挑むマコトには若干ハラハラ。嘘つき呼ばわりだけで済めばいいけど、抗争を止められる確信もないのに行っちゃって大丈夫???と勝手に心配になる。普段のぶっきらぼうな口振りやシリアスでの言葉少なに内に溜め込む普通の青年っぽさがよかった。マサにせっつかれてもどちらにも肩入れしてこなかった宙ぶらりんポジションに近いマコトが、とある事件によって、その曖昧な立ち位置から足を踏み出して本当の意味での"中立"であろうとする決意のナンバーが好き。20年後のトレンチコート姿はすらりとしていて非常にかっこいいんだけど、マコトの年齢設定的にアラフォーのはずだからもう少し老けてみせてほしかったかも。

染谷俊之さん。安藤崇。グランギニョル以来の染谷さん。インタビューで語っていた、池袋の交差点の真ん中でピアスを開けたというエピソードの青春たるや!青のファーコート姿の染谷さんを目にして、ドラマでのイエローのイメージが強すぎるけど、そういえばG-Boysのチームカラーは青だったと思い出した。基本的に上半身は青や黒のもこもこファーコートなので、履いているほっそりとした黒の革パンツがより際立つ。原作とドラマで最も異なるキャラクターとしてよく挙げられるキング。染谷さんのキングは原作準拠で氷の王様。冷徹さの中に見え隠れする熱が魅力的。もこもこコートに両手を突っ込んでの登場だけでも圧倒的存在感。「マコト、下がってろ」なんて言ってのける命令形が非常に似合っている。ソロナンバー「タカシのテーマ」(何て直球なタイトル……)でキングになることを決意した心情を歌い上げていて、この辺りは原作『キング誕生』のエピソードが使われているのかな。既読の原作の記憶がおぼろげな上に『キング誕生』も読めてないから不明。そのうち『キング誕生』読もう。氷の王様の優しさを感じられる最高のシーンといえばやっぱりラストの、女の子のナイフを受け止めるところ。両手を広げて抱き締めた後、女の子の頭をぽんぽんと撫でるのがさすがキング。この撫で方が本当に優しさを感じられるもので、なおさら、その後のG-Boysとレッドエンジェルスの抗争が残念。キングが目の前で血を流してもなおナイフを手放せないのか。20年後のキングは年齢不詳感がはなはだしくて、ヴァンパイアか何かですか???マコトと二人揃ってアラフォーかっこよすぎるだろう!最後にマコトに告げるあの言葉がキングというよりタカシとしての一言っぽくて、20年という時間の経過を感じられた。

矢部昌暉さん。尾崎京一。DISH//矢部昌暉さんを初めて生で観たけれど色っぽいな~~~。原作みたいに上半身裸で踊るのを見てみたかった。たしか京一の初登場はそんな感じだったはず。バレエ留学をしていたダンサーという設定のため、京一は他メンバーとは異なるバレエやコンテンポラリーダンスっぽい動きが多い。冒頭、若干ぎこちなさそうで大丈夫かなと思ったけれど、どんどん動きが滑らかになっていって手の艶かしさに息を呑んだ。コンテンポラリーダンスなんて動きが独特すぎて、こういうのまでできるってすごいなーと拍手したくなる。京一にくだっているレッドエンジェルスメンバーはリーダーの影響を受けているってことで、ほんの少しバレエっぽいダンスに徐々になっていけば面白かったかも。ロミジュリのロミオとジュリエット側でダンスのジャンルが違うみたいに。ミステリアスな雰囲気ながらも孤独を知る者としてチームを瞬く間に纏め上げていく京一。話し方が少し幼くて、マコトやタカシより年若いイメージ。マコトがクラシック曲を知っていたときの嬉しそうな反応が無防備で可愛らしく、初めての理解者に通行証としてネックレスをあげるのも納得できる。抗争が始まった瞬間に、女の子を抱き寄せて全身で庇ってあげるのも、キングの代わりに次は京一が血を流す覚悟を見せた!と滾った。


上であれこれ書いたけれど、原作もドラマも知らないままこの舞台に触れていたらもっと熱狂していた気もする。『池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE』、プレミアシートのチケットも確保しているので次はもう少しSONG&DANCEに注目して観てみたい。