僕は君が

ときめきの用例採集

梅棒『ピカイチ!』(二回目・ネタバレあり)

6/25(日)にマチネ公演を観てものすごく好みだったので、7/1(土)ソワレ公演をおかわりしてきた。いつもは一人観劇が基本だけどめずらしく人も誘ってみた。今回はネタバレありでストーリーや使用楽曲にも触れてます。一回目のネタバレ控えめ感想はこちら。

 

seshiki.hatenablog.com

 

ちなみに、『ピカイチ!』は7/8・9に福岡で、7/12・13に愛知で公演予定。スペシャルカーテンコールとかアフタートークがあるそうでうらやましい~~~。チケットはまだ獲れるみたいなので、福岡&愛知の方はぜひぜひ。ネタバレ一切なしでtwitterに上げた感想も投下しておこう。

 

東京公演の劇場はブルーシアター。今回、行きは麻布十番駅、帰りは六本木駅を利用。比較的平坦な道がよければ六本木駅利用がベターだけど、ソワレ公演後に六本木駅に向かうと結構混み合ってる感じ。六本木駅周辺は元々人通りの多い道だから余計にそう感じる。つるとんたん六本木店は相変わらず並んでた。

f:id:se__shi_ki:20170628170735j:plain

 

とある高校に、ひとりの転校生がやって来た。容姿端麗・文武両道の彼の登場にざわつく生徒たち。生徒会長選挙、恋愛バトル、友情と誤解と裏切り…ついには憧れのあの子のパンツをめぐって学園全体を巻き込んでの大勝負へと発展!! 果たして、この学園に再び平和な日々は訪れるのか…?

 


「ダンス×演劇×J-POP」って聞いても、んんん?って感じでどういうものか想像つかなかった私でも、十二分に楽しめた梅棒『ピカイチ!』。あらすじからも分かる通り特に難しいストーリーじゃなく、高校生の青春真っ只中の恋愛と部活、嵐を呼ぶ転校生の登場、そして生徒会長選挙っていう王道ストレートの要素てんこ盛りの舞台。少年マンガっぽい二次元感が親しみやすさ満点!舞台を全く観ない人を今回誘ってみたけれど、ものすごく好感触。ダンススキルが高度でそれだけでテンションが上がる・分かりやすくて面白いストーリー・J-POPの馴染みのある曲が流れるなどなど、取っつきやすさが桁違いだったよう。
5分前着席ほんと大事。梅棒リーダーの伊藤今人さん演じる校長先生の前説が今回も面白かった!というか、初めて観たときはホバーボードでの登場から度肝を抜かれた。セグウェイってハンドルなしのバージョンもあるんだ!?校長先生、自由自在にホバーボード乗りこなしすぎ。私が観た回では可愛らしい少年が観客の中から選ばれて色々お話してた。最近の小学校ってバースデー委員なんてあるんだ……。小学生時代なんて遙か昔の私には衝撃だったよ……。皆のお誕生日を祝うって結構大変な気がするけど仲は深まりそう。

舞台には校舎に見立てたセット。開閉式で、開くと教室や上階踊り場みたいなセットが出てきて階段もあり。キャストによっては最後の段まで使わずに何段か上から軽々と飛び降りてた。衣装は学園モノってことで制服だけど、ポスターとは違う!もっと二次元感溢れる水色の制服。これを着こなせるキャスト陣最高かな。

 

トーリーや使用楽曲などのネタバレ込みで、特に印象に残ったキャストの感想を。
w-inds. 千葉涼平さんは乱世を呼ぶ転校生、豪徳寺孟。キャスト紹介時のキャッチコピーの記憶が曖昧だったから二回目のときに確かめてきたけど、やっぱりこれで合ってた!このキャッチコピー、パンフレットにもどどんと載せてほしい。乱世を呼ぶ転校生、最高オブ最高。水色の制服から覗く赤いベストも似合ってる。完全無欠のかっこよさを誇る豪徳寺様だけど入学試験である人物に陥れられた結果、不合格となってしまう。それでも諦めない不屈の精神の豪徳寺様、編入試験に合格して転校生として入学。自分を陥れた犯人である(と誤解している)鶴野輝一さん演じる道玄坂くんと敵対し、カリスマ性を発揮して生徒会長の座を手に入れようとする。豪徳寺様の入試エピソードかなり可哀想じゃない???そりゃ道玄坂くんを目の敵にするよね。それでも誤解が解けたら道玄坂くんにすぐさま謝罪するし、ラストに率先してカバンを持ってあげるし、豪徳寺様はまさに歪みないイケメン。好意を寄せてくる女子にも優しくて一緒に写真も映ってあげるし、豪徳寺様のキャラ設定にはブレがなくて素晴らしすぎる。
千葉涼平さん、ダンスすごい~~~!!!w-inds.の方に対して今更すぎる感想だけど、ダンスすごいとしか言えない。ところどころでの静止ポーズでは本当に時が止まってるみたいで、人間ってこの体勢で動きを止められるものなの……と震えた。一番印象的だったのは、吉川友さん演じる浅香尚子ちゃんにハートを撃ち抜かれてからのダンスシーン!ここで流れるのがDA PUMP「ごきげんだぜっ!」って絶妙すぎる!どきゅーん ずきゅーん♪の歌い出しが完全に豪徳寺様の心情を表現してて、最高の選曲に痺れた。しかも、w-inds.の千葉さんがDA PUMP楽曲でダンスするってのがまたテンション上がる!私までごきげんだぜっ!

吉川友さん。クラスのアイドル、浅香尚子。行動や表情全てがチャーミングで、そりゃクラス中が隣の席を狙いますわ……学園天国ですわ……(席替え場面では学園天国がかかるかと思った)。クラスのアイドルっていう事実に圧倒的な説得力がありすぎる。浅香尚子ちゃんの行動で一番好きなのが、生徒会長総選挙について悩んでた道玄坂くんのために、自分の持ち分の赤い花(投票権)を道玄坂くんに投票してあげるところ……!何それ男前なの?キュートなの?こんなことされたら惚れるしかない。私の胸に赤い花が咲いた。しかも、自分のパンツを生徒会長になれた際のご褒美にすることもOKしたり、体操服やリコーダー盗まれても結局最後は許したり、アイドルじゃなくて女神かな???と錯覚するほどのいい子。道玄坂くんにお弁当を差し入れしたときは、もう付き合っちゃえよとあのクラスのモブになって囃し立てたかった。
吉川友さん、ハロプロか!名前に見覚えがあると思った!道玄坂くんとすれ違ってからの℃-ute「夢幻クライマックス」が流れる中での切ないダンスに胸が締め付けられた。今までの溌剌さとのギャップで一気に大人の女性っぽく見える。カーテンコールのとき、千葉さんと鶴野さんの真ん中に立って二人を軽く小突いたりするところが、最後の最後までクラスのアイドル・浅香尚子ちゃんを演じてくれていて可愛すぎる。パンフレットのQ&Aで詳しく色々語ってくれてるところも推せる。

鶴野輝一さん。豪徳寺と勝負することになる道玄坂光徳。応援したい系男子NO.1だけど、浅香尚子ちゃんが応援してくれればもう十分ですよね、知ってる。クラスのアイドルを射止められるだけのまっすぐさがあって、幼馴染男子たちが彼の協力をするのも納得。この幼馴染男子たちの友情もよかった!浅香尚子ちゃんとすれ違ったことで自暴自棄になって生徒会長選挙も投げ出そうとする道玄坂くんを見捨てずに最後までサポートする姿が本当に少年マンガで、男同士の友情もいいよね……!って頷いた。道玄坂くん、雲子ちゃんの手作りのまずいお弁当(お重)も食べてあげるし、告白にも真摯な態度で応えてあげるし、本当にいいヤツ。『ピカイチ!』に出てくる男子は爽やかでいいヤツだらけだ!

suzuyakaさん。まいっちんぐ先生、蝉時雨貂子先生。お淑やかで真面目な先生が途中からセクシーになるなんて感謝しかない。そういう豹変大好き。赤のボディコン姿なんてエロすぎでは……。豪徳寺様ありがとうございます。島谷ひとみ「ANGELUS」に合わせてセクシーに踊り狂う先生、エロくて最高。いや、本当に歌詞通り、世界が変わる。そりゃ何人もが豪徳寺様派閥に引き込まれる。

魚地菜緒さん。○○○の雲子さん。ネタバレ込みと言いつつ一応伏せてみる。二回目の観劇で気がついたけど冒頭の登校シーン、制服にポニーテール姿で登校してる!!!ポニーテール姿激かわ。冒頭でしか見れない姿なのでぜひ注目を。道玄坂くんを好きになってからの雲子さんは本当に可愛い。初登場時のあの恐ろしい姿はどこへ。恋って妖怪をも変える。お弁当を差し入れして、自分宛てのプレゼントと誤解してワンピースを喜んで、そのワンピース姿でラブレターを渡すって健気すぎでは???よろめかない道玄坂くん、すごい。道玄坂くんにフラれたとき、歌詞に合わせて二宮忠次郎が「フッてんじゃないよバカ」って口を動かしてて、妖怪トリオの友情も最高だった。終盤での豪徳寺様とのダンスバトルは最高の極み!!!二人とものダンススキルに唖然とするしかなかった。舞台後に「ブレイクダンス 頭 回る」で検索したところ、あれはヘッドスピンっていうのか!客席側もかなり沸いた。梅棒ブログで知ったけれど魚地菜緒さんは17歳・現役JKで、しかも今回が演劇初舞台だそうで。えええええ。誰もが度肝を抜かれるダンススキルだと思うから、一人でも多くの人に目撃してもらいたい。

野田裕貴さん。黒縁眼鏡をかけていかにも秀才然としてる孔雀丸明くん。今作での推し!一回目に観たときに通路で踊ってるときもPCを手放さない姿がスタイリッシュの極みで目が追っかけるように。二回目で気がついたけれど、登校シーンで大事なPCが大変な目に遭ってた。登校や教室シーンはあちこちで色々なことが起こってて目がいくつあっても足りない。土下座の熱意に根負けして道玄坂くん派閥のブレーンになった孔雀丸くんは輝きすぎてた。妖怪トリオ票も道玄坂くん派閥に取り込む許可を伺うときの、校長先生に向かって手を挙げる角度がマニアックに好き。それから、ラスト!全然予想してなかった!露見してからの身体の動きが全体的にしなやかすぎて、PC持ってるときの孔雀丸くんとは全く違って驚いた。

 

パンフレットに載ってるセットリストを確認しながら、『ピカイチ!』プレイリストを作ってみた。iTunesに無いものもあって残念。アジカントリビュートアルバムの一曲まで採用されてるとかすごい。たしかにアジカンオリジナルよりカバーバージョンの方がキーが高くて合ってるかも。人物紹介でそれぞれがダンスしていくあのシーン、音楽との相乗効果で本当にたまらない。好き。 オリジナルソング3曲もどれもこれも頭に残るいい曲。1曲は公式サイトで聴けます!

ダンスについて全く詳しくなくて、ブレイクダンスだ!OKAXILEで見たことあるやつだ!ぐらいしか分からないけれど、それでも楽しめた。こんなレベルの私だからこそ、ダンス全てに出来ることなら拍手したかった。どれもこれもかっこいいんだ!こうして感想を書いてて改めて思うけど、『ピカイチ!』DVD販売してほしい……。薄れていく記憶が恨めしい。心底最高オブ最高だから、今から観れる人が羨ましい。

 

次公演は『TOKYO TRIBE』ってことでビックリ。あれ、舞台化できるんだ。『TOKYO TRIBE』は原作全部読んでるけど、あれで試着室への警戒心が備わったぐらいに衝撃だった。結構エグイことが淡々と起こるけれど、梅棒演出なら気軽に観れる感じなのかな。公式サイトでの情報解禁待機。