僕は君が

ときめきの用例採集

「ばけもの夜話づくし」マツリ先生サイン会

昨日、「ばけもの夜話づくし」「HUMINT」などを描かれてるマツリ先生のサイン会に行ってきました。レポというほどじゃないけど感想を。

 

 6月27日(火)「ばけもの夜話づくし」2巻が発売されることを記念して、マツリ先生の初サイン会開催が決定しました!!!!

<日時>
 6月28日(水)19時~20時 ※20時最終受付

<場所>
 渋谷マルイ8F イベントスペース

<サイン会参加条件 >
・本催事期間中の6月15日(木)~28日(水)サイン会開催前までに、
 渋谷マルイ8F イベントスペースにて
「ばけもの夜話づくし」2巻をご予約・購入いただいたお客様に、
 先着で【サイン会参加券 兼 書籍予約券】をお渡しいたします。

 

予約が開始された当日に渋谷マルイへ。5Fの@cosme storeまでしか普段は行くことがなかったから、8Fのオタク特化仕様は衝撃だった。ガチャとパネルが所狭しと置かれてる。青春鉄道ミュージカルの衣装もあって、青春鉄道で関東の鉄道に少し詳しくなった身としては一人で滾った。副都心線が好きです。

サイン会参加券を無事にゲットして、サイン会までは手紙の準備と差し入れ選びを。サイン会や握手会みたいな接触系イベントって、やり方が千差万別で本当に慣れない。前に行ったサイン会は、「On the way to LivingDead」の北大路みみ先生だったなぁ。去年の夏か。今回の手紙はテキストで推敲に推敲を重ねた後、フリクションボールペンで書き上げた。フリクション最高。名前はもちろん書くとして、手渡しの手紙の場合、住所を書く人の割合ってどんなものなんだろう。差し入れも何がいいんでしょうね。食べ物は何となく選べない。

 

で、ついに迎えた当日。直前の心境はこんな感じ。

5分前に到着したら8F中央付近の一角がパーテーションで仕切られていて、そこでサイン会がある模様。すぐそばの階段でサイン会参加券番号順に整列する方式。この番号重要だったのか。階段で並んでる間2巻を読む方も多め。そのまま並んでるとアイドルソングっぽいのが頭上から聞こえてきて、渋谷マルイに屋上があることを初めて知った。渋谷ビル屋上で歌うアイドルって何かいいな。

先頭から5人ずつ呼ばれてパーテーション前で待機。一人ずつ入っていく方式らしくて心臓飛び出そう。しかも、奥に入った人がなかなか戻ってこない。え、そんなに時間あるの……?焦ってるうちに自分の番になってパーテーションを恐る恐る越えてくと、椅子に座ってるマツリ先生と、そのバックに編集部らしき女性が3人いて、オシャレ~~~華やか~~~!いそいそと差し入れと手紙をお渡しした後、特典(?)のポストカードをいただく。可愛い。それから、サイン会予約券にあらかじめ書いておいた名前がチェックされて、「ばけもの夜話づくし」2巻に私の名前とマツリ先生のサインが。ががが。先生が私の名前を書いてくれてる!とそれだけで感動。

書いてもらってるときは話し掛けない方がいいのかな~どうなんだろう~と思いつつ、2巻表紙の感想などをお伝えしてみる。ペンを動かしながらもすごく丁寧にお返事していただけて嬉しすぎる。先生のブルーのマニキュアがすごく目に焼き付いたけど、それを咄嗟に言えるような機転もなくて、もう本当に何語ったんだろう自分。好きです、ってとにかく言ってた気がする。著しい語彙力の不足!

自分の中の接触イベントの基本がAKB握手会だから、5~10秒ぐらいで伝えられることだけは考えてた。でも、予想以上に長かった!びっくりした!たっぷり30秒以上あって、え?まだ剥がされないの?って徐々に挙動不審になってしまった……。(剥がし:「終了です」と無慈悲に告げて肩を押してくる握手会スタッフ)手紙書いてきておいてよかった。

f:id:se__shi_ki:20170629172741j:plain

終わってからは、サイン入りの「ばけもの夜話づくし」を胸元に抱えて渋谷駅へ。帰宅してから何度もサインを見つめてニヤニヤしてます。ああ、嬉しい!マツリ先生、編集部の皆さま、素敵な機会をありがとうございました。