僕は君が

ときめきの用例採集

見えないからこそ縮められる距離──ロロ『いつだって窓際でぼくたち』

ロロ『いつだって窓際でぼくたち』の感想。初日である3/23に張り切って早稲田まで観に行ってきた。3/31まで公演予定なので一人でも多くに観てもらいたい。

『いつだって窓際でぼくたち』は「いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三高等学校」、通称“いつ高”シリーズの第5弾。昨年上演された第4弾『いちごオレ飲みながらアイツのうわさ話した』で初めて“いつ高”に触れて、第5弾をずっと楽しみにしていた。ちなみに、これまでの舞台の戯曲はいつ高WEBですべてまるっと公開中。西村ツチカさんによる挿絵もついていてべらぼうに可愛い。ただ、私はまだvol.1~3の戯曲を読んでいない。再演を期待していて、戯曲より先に生の舞台でいつ高の世界に浸りたいなぁと思っているから。実際、いつ高シリーズまとめ上演なるものが昨年行われていて、予定が入っていて観に行けなかったことを今でも悔やんでいる。ああ、まとめ上演がいつかまたありますように。いつ高WEBはこちら。

lolowebsite.sub.jp


劇場は早稲田小劇場どらま館。開演30分前より整理番号順に呼ばれて、フライヤーが置かれている席に自由に座っていく形式。開場に合わせて来ている人は少なめだったので、整理番号が遅めの私でも最前列に着席できた。こじんまりとした劇場なので男性は少々窮屈かも。でも、こうしてみんなで密集して腰掛けるのは学生時代を思い出すし、それがまたいつ高の雰囲気に合っていて心がくすぐられる。

いつ高シリーズは、全国高等学校演劇コンクールの出場ルールを遵守した上での上演となっている。つまり、舞台美術の仕込みは10分以内、上演時間は60分以内などの制限あり。そういうルールが説明された後、舞台上にキャストが現れて声を掛け合いつつ公演準備を自ら行なっていく。その時点で彼らはまだ、いつ高シリーズ登場人物の将門やシューマイじゃない。それでもこの準備の様子が愉快で、「1分経過しました」というスタッフさんのアナウンスに対して、「1分いただきましたー!」と高らかに返す板橋駿谷さんがまず笑いを掻っ攫っていった。いつ高シリーズの愛されキャラ・シューマイを演じる新名基浩さんは両手で運んだ机を壁際に置いた際に小さく「壁ドン」と呟いていて、私はここで噴き出してしまった。ささやかに面白いことを言っているのがシューマイっぽい。いや、「壁ドン」と口にしたのは実在の新名さんなのだけれど。

 

f:id:se__shi_ki:20180329181829j:image


『いつだって窓際でぼくたち』のストーリーと登場人物紹介はこちら。

放課後。2年6組の教室では、男子たちが窓のむこうで打ち上がる花火を待っている。この教室からだと、花火は先っちょの火の粉くらいしかみ えないらしい。

彼らはそれがみたかった。中途半端な花火がみたかった。綺麗な花火なんてみたくないし、ロマンチックはお呼びでない。男子たちは余り物の火花をみつめて、そこから花火の全体を想像するために、放課後の教室に残ってる。

陽はいつまでも暮れなずんでる。

 

vol.5「いつだって窓際でぼくたち」

 

 将門 −まさかど−
(亀島一徳/ロロ)
 2年6組。誰とでも分けへだてなく話すので結構人気者。
 人目もはばからない男。朝の幼馴染。


シューマイ
(新名基浩)
 2年6組。自分を低く見積もりがち。
 将門ともっと仲良くなりたいとおもってるけどおもってるだけ。


群青 −ぐんじょう−
(板橋駿谷/ロロ)
 2年6組。授業中いつも寝たフリをしている。
1000の噂を持つ男という噂がある。


モツ −もつ−
(重岡漠/青年団
 2年4組。シューマイの親友。最近、シューマイと仲のいい将門への嫉妬がはんぱない。

 

これまでの登場人物

 

キャストは4名で全員男性。女性キャスト3名だけだった前作『いちごオレ飲みながらアイツのうわさ話した』のいつ高しか知らないので、男子高校生たちの掛け合いは新鮮。女子校育ちなのでただの想像に過ぎないけれど、この距離感は男子独特だろうなぁと。女三人寄れば姦しいと表現されるだけあって、vol.4では仲良し女子高生3人の話題はあちらこちらへ飛び、その自由さが私には懐かしくてたまらなかった。一変して、Vol.5の今作に登場する男子高校生4人はこれまでほぼ会話したことのない組み合わせ。あ、シューマイとモツの二人は大の仲良しで微笑ましい。

学校内にはさまざまなグループがある。そんな違う世界同士が絡み合う瞬間の気まずさと高揚感が見事に描かれていて、ラストのシューマイとモツの練習には愛おしさがはち切れそう。おはようと繰り返す彼らの練習が生かされた「明日」が見たいよ。違うグループ同士の邂逅とはいえ、「カースト」という言葉はまったく頭に浮かばなかった。「カースト」じゃなく「ジャンル」や「グループ」といった横並び的な関係をイメージできたのは、亀島一徳さん演じる将門のキャラクターによるところが大きい。もう、将門がいいヤツなんだ!将門は誰とでも分け隔てなく話すことができるフラットなキャラクターで、それでいて無遠慮に踏み込むようなことはしない。シューマイとの思い出を語るモツに対して、いいね!面白そう!と興味を示す将門。モツは思わず、「僕と新名くんにとって面白いことなんだ」と言い返す。面白いと思う事柄の共有によって二人の距離が縮まるはずが、モツの独占欲によりかえって遠のいたこの一瞬。でも将門はモツの気持ちを酌んで「そうだな」とだけ笑顔で返す。このやり取りが最高にハートに突き刺さって、将門いいヤツだな~~~!と身体中の空気が感嘆のため息となって零れ落ちそうなほどだった。こうしてスペックだけ書き連ねると、如才ない社交性ゆえにファンタジーになりかねない将門だけど、亀島さんのものすごく男子っぽい笑い声や感情を持て余した視線がリアルで、ただただ、存在の尊さが増した。ちなみに、将門のシャツの着崩し方が、あああああと胸を掻き毟りたくなるぐらいに好き。ああいう男子高校生っているよね。

いつ高シリーズを貫くテーマは「まなざし」だと明言されている。今作『いつだって窓際でぼくたち』では”見えないもの”もフォーカスされていて、似ても似つかないグラビアの肌の一部から吉岡里帆の姿を形作ったり、ほんの少ししか見えない花火の先端からそれを眺めている人たちにまで思いを馳せたりする。また、”見えない”シチュエーションが何度も手を変え品を変え作為的に設定される。アイマスクで目隠しをしたり、教室の明かりを消したり。そうして、見えないからこそ躊躇いなく縮められる距離もあるんだと、やさしく教えてもらえる。見えないことを嘆くわけではなく、その事実を受け入れた上で別のものを求める男子高校生たちの姿勢にじんわり胸が温かくなった。この辺りのくだりがくだらないからこそ面白おかしい。取り留めのない話で盛り上がっているこの一瞬を、本人たちが煌きとして「まなざし」を向けるのは大人になってからだろうな。
観客の大多数を占める20代以降が一種のノスタルジー的感覚(「エモい」)でいつ高シリーズに触れているだろう一方で、中高生の観客にとっては応援として大人から捧げられたものになり得そうなのも今作の魅力。一番仲良しだったはずの友達が別の子と親しくなってもやもやしたり、普段話したことのない同級生との会話に戸惑ったり、友達と同じ子を好きになったり、学校生活は悩みで溢れている。そうした真剣な悩みを、すでに通り過ごした大人が「青春」の一言で片付けるのは乱暴でさえある。大人にそのつもりがなくても、だ。いつ高シリーズはその辺りの匙加減がほどよくて、現在進行形で学生である少年少女たちにそっと寄り添っている。あなたがいま抱えている悩みはちっぽけでくだらないものだよ、取るに足りないことだと思えるようになるよと励まされるよりも、同じ悩みを抱えた登場人物たちが目の前で笑ったり戸惑ったりする姿を観る方が救われることもある。教室が世界の全てだった”あの頃” を丁寧に掬い上げて、ほんの少しの希望をスパイスとして加えてくれた世界。

そういえば、ロロの特徴でもある、古今東西ポップカルチャーのサンプリング。いつ高シリーズではそれが特に顕著だという印象があって、まるでビンゴみたい。いつ高舞台に登場する固有名詞がどれだけ観客の記憶の琴線に触れるか。今作で言えば、小沢健二水曜日のダウンタウン、ゴッドタン、涙サプライズ、辺りかな。不勉強で小沢健二を履修していないので、一番重要なところでハートを宙に投げられたような心地は正直ある。ただ、こればっかりは運ですよね。その代わりに涙サプライズで私は心底沸けたし。モツ最高!

本当にあっという間の60分。準備の時間を含めてもおよそ70分。いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三高等学校を外側から眺めて、愛おしい気持ちで心の中を満タンにして帰れること間違いなし。

 

 

odaibako.net

2月まとめ

2月。もはや3月末だけど、あとで読み返す自分だけが愉快だろうから2月のまとめを書いておく。2月前半はBLEACH映画やおお振り舞台の影響で「実写」と「原作」の乖離や理想について考えることが多かった。アレコレ思案しがちなオタク。後半は急遽10日ほど京都に滞在することになったので、ついでに足を伸ばして大阪や兵庫へ。京都は相変わらずの寒さで、これだから京都は!!!と多分100回ぐらい口にした。もはや呪詛。どうせ京都に行くなら、あと2週間ほどずらして東山の花灯路のシーズンに行きたかったなぁ。花灯路はどれだけ混雑していても観に行きたさの方がなぜか勝るイベント。京都三大祭りとかは人出が凄まじすぎるので頑張れない。
2月にチケット入手のために張り切ったのは、宝塚月組東京公演の一般発売。宝塚大劇場で惚れこんで東京のチケットも購入。BADDY最高!もう少しでついに東京へ!


1週目、2/1~3
3日中2日間ボルダリングに勤しんだ結果、筋肉痛がひどくてひどくて、箸を持ち上げるのも億劫な事態に。腕がぷるぷる震えた。最近は都内のその他ジムも開拓しようか悩み中。


2週目、2/4~10
2/4、『BLEACH』実写映画の朽木ルキア嬢のキャスト発表。オタクな私が二次元で最も好きな女性キャラクターは朽木ルキア嬢で、実写化が発表された頃からかなりの覚悟はしていた。実写と原作は別物。オーケー、オーケー。共存しよう。……でも!でも!髪型ぐらいは原作に添ってくれると思い込んでたよ……!主人公・一護のオレンジ色の髪にはものすっごくこだわってなかったっけ???どうして朽木ルキア嬢の髪型はそもそも違うの??? I am 心の狭いオタク……。覚悟なんてできてなかった。
2次元の実写化への批判として「ただのコスプレ」というフレーズをよく見かけるけれど、私はそれを悪いポイントとはまったくとらえていない。むしろ歓迎している。まずは外見から近づけていこうという意図が嬉しい。二次元のキャラクターってシルエットだけでも伝わるほどに特徴がつけられていることがままあるので、外見って大事だと思うんですよ~~~。ああ、杉咲花ちゃんの髪をいじるのは事務所NGだったのかな~~~。……と勝手に推測していたら、その後発表された花より男子続編ドラマで花ちゃんが思いきり髪をカットしてるっていうね!ソフトバンクCMでも惜しみなく披露してるっていうね!

2/6、『おおきく振りかぶって』舞台。青春が今ここに!オープニングとエンディングのダンスで涙腺が一番刺激された。ドラマチックチック 止められそうにない 止めたいと思わない~。

seshiki.hatenablog.com

2/10、銀座三越などでバレンタインチョコを大量購入。バレンタインといえば、義理チョコを止めませんかというGODIVA広告の影響で、それぞれの中でのGODIVAブランドへのイメージがネット上で浮き彫りになっていて興味深かった。圧倒的有名ブランドだからこそばらまく義理チョコ用でGODIVAに信頼を寄せていた派としてはなかなか肩身が狭い。そんなこと言わないでよGODIVA!という心境。あ、ピエール・マルコリーニのバレンタイン仕様は今年もキュートだった。

f:id:se__shi_ki:20180328165531j:image


3週目、2/11~17
2/11、takarushの謎解きイベント「古書店まんせい堂奇譚」に挑戦。秋葉原で健全に体を動かしてる~~~!という点がまず新鮮だった。ゲームや同人誌を買ったりAKBカフェを覗いたりするだけの街じゃないですもんね、秋葉原は。まあ、そういう過ごし方しかしてこなかった私は、マーチエキュート神田万世橋の存在もこのイベントで初めて知った。何てオシャレな建物!でも結局、ラストの謎を考えるためにオタクに優しいお店・パセラに引きこもることに。パセラのホーム感たるや。2月の寒空の下で謎を解くのは少し厳しくて、パセラやその他のカフェでも謎解きに取り組んでいる仲間が大勢いた。

blacklabel.takarush.jp


2/12、先行配信されたlemonを即ダウンロード。アンナチュラルのラストに神がかったタイミングで流れるこのlemonがすきですきで、lemonの存在によって私の中でのアンナチュラルへの好感度が桁違いに上がっているとさえ思う。


2/13、『ドルメンX』の実写化発表に驚愕。このマンガで佐藤流司さんを覚えた。

natalie.mu

2/16、フィギュアスケート男子ショートプログラム。TVモニターの前を偶然通りかかったら、ちょうど羽生選手滑走のタイミング。せっかくなので人だかりの中で見た。滑りを見届けた人たちが、滑走後に集まってきた後方の人へ、首位ですよ、ノーミスですよ、と教えてあげる様子にほんわかした。やさしい伝言ゲーム。隣にいた見ず知らずのマダムがネイサン・チェン選手推しらしくて、マダムの解説(&悲鳴)とともに彼の滑走も見届けてからその場を離脱。ネイサン・チェン選手の実力はこんなものじゃないというマダムの力説が気になって、翌日のフリーで彼をチェックしてから外出した。いやぁ、すごかった。呼吸を忘れるほどに惹きこまれた。マダムの言っていたとおり。


2/17、『密やかな結晶』観劇。ビジュアルは心底好きなんだけど、という面倒な感情を書き綴った感想はこちら。

seshiki.hatenablog.com 

 

4週目、2/18~24
2/18、予告編を観た日からずっと楽しみにしていた『グレイテスト・ショーマン』を張り切って観に行った。結果、楽曲は最高オブ最高だけど、このストーリーは何だ……?と脳内をクエスチョンマークで埋め尽くすことに。楽曲と映像は本当にすきだから余計にいたたまれない。どうしてこうなった。

 

2/20、『熱海殺人事件 CROSS OVER 45』を観た。NON STYLE石田さんの誕生日!おめでたい!味方さん演じる木村伝兵衛警部の神々しさにくらくらした。

seshiki.hatenablog.com


2/21。そうだ、京都へ行こう。この日から10日間ほど京都に滞在。ずっと同じホテルをねぐらにしていたので、新幹線に飛び乗る直前まで荷物を片付ずにすんで居心地最高だった。面倒くさがりの極致。


2/22、『メタルマクベス』発表。髑髏城で終わりじゃなかったんだ!?一報を目にして京都のホテルで叫んだ朝。『メタルマクベス』はとにもかくにも歌が好き。座席によってはまったく歌詞が聞き取れなかったあの髑髏城でメタマクとは……と思いつつも行く気満々。周囲ではdisc3への反響が特に大きくて、またチケット戦争なのかと戦々恐々。

natalie.mu


2/23、久しぶりに宝塚大劇場で宝塚を観た。突然の京都行きによって『ポーの一族』が観れなくなって血の涙を流したので、それなら宝塚で観てやろう!と思い立って月組チケット購入。東京より圧倒的にチケットを買いやすくて最高。

seshiki.hatenablog.com

seshiki.hatenablog.com

せっかくの機会だからと、宝塚歌劇の殿堂も楽しんできた。息を呑むほどに美しい~~~!と思えるジェンヌさんばかりで、ここでまた新たな沼が生まれるのでは……。

f:id:se__shi_ki:20180328165650j:image

この日は昼に宝塚でハートを掴まれたかと思えば、夜はMステでハートを奪われた。おとなの掟!並び立つ松たか子嬢と椎名林檎嬢!字面だけで最高では???唇を開く一瞬前に凛と視線を上げる椎名林檎嬢は魅せ方を熟知していて素晴らしすぎる。


2/24、『マリーゴールド』発表。TRUMPシリーズ10周年のアニバーサリー企画と言われましても!血塗られた歴史すぎてアニバーサリー感とはかけ離れてないかな!ああ、ミュージカルが好きなのもあってもう今から楽しみで楽しみで待ちきれない。しかも、アニバーサリー企画第一弾ってことは次も控えてるということで。頑張ってチケット獲ろう!

natalie.mu

夕方にはノンバーバルのパフォーマンス『ギア-GEAR-』を観た。京都をふらふら歩いていたおかげの幸運。

seshiki.hatenablog.com  

5週目、2/25~28

ユニバ!コナンとFF目当てという潔いほどにクールジャパン2018推しで行った。一人でも多くの人にコナンのリアル脱出ゲームに挑戦してもらって、蘭ねえちゃんの可愛さを分かってほしい。フォールインラブしてもらいたい。蘭ねえちゃんが何人のキャストで担当されているか不明だけど、私が目にした毛利蘭は心底キュートだった。最近のgoogle検索履歴は「USJ キャスト」で埋まってる。どれだけ調べてもあのキャストさんのお名前が分からなくて挫けそう。

seshiki.hatenablog.com

f:id:se__shi_ki:20180328165804j:image

 

2/28だったかな。スケジュールの合間にぽっかり時間が空いたので、インスタ映えで人気らしいカフェに一人で行ってきた。 カラフルなクリームソーダが有名だそうで。ただ、こうして写真に収めてから気がついたけれど、カラフルなクリームソーダが有名ならせめて2人以上で行って違う色をオーダーすべきだったなぁ。一人で行ったがゆえに、なぜか目の前に鏡が置かれた一人用テーブルに案内されたのも困惑した。河原町のシンセツというお店。

f:id:se__shi_ki:20180328165823j:image

 

以上で、あちこちに行っていた2月おわり。現在進行中の3月では、豪雨の中の箱根旅行や連日の試験勉強漬けで落ち込んだりもしたけれど、わたしは元気です。

 

odaibako.net

 

ノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』

京都に滞在していた2月に観た『ギア-GEAR-』の感想を。ストーリーの結末などのネタバレはなし。

f:id:se__shi_ki:20180326114827j:image
河原町を歩いていたら『ギア-GEAR-』の当日券をたまたま販売していたので観てみた。当日券は前売りより500円高くてお値段4,200円なり。ちなみにこれは、スタンダードエリアの当日券のお値段。他にもサイドエリア、スペシャルエリアがあり。土日のチケットは完売していることが多いらしい。
ギアの専用劇場がある1928ビルはスタバの向かい、三条御幸町の角にあるたいそうレトロな建物。アートスペースやアクセサリーショップ、カフェ、レストランなどが入っている。開演までの間にちょっと覗くだけのつもりだったのに、綺麗すぎるイヤリングをあっさり買っちゃった。で、この3階がギア専用小劇場。雰囲気は最高だけどバリアフリーとはほど遠い建築なので、スーツケースやベビーカーなどの大きな荷物がある人はかなり大変そう。エレベーターやエスカレーターがない上に結構急な階段。ただ、荷物を頑張って持って上がれば受付で預かってはくれる模様。女性お手洗いの個室は2つで、開演前は多少の行列ができていた。

ギアは公式のキャッチコピー通り、セリフなし(ノンバーバル)のパフォーマンスのみで繰り広げられるエンターテインメント!ジャグリングや手品といったパフォーマンス以外にも、プロジェクションマッピングなどがシンクロしていて演出がお見事!「言語の壁」にとらわれていないエンターテイメントだからこそ、外国人観光客が多い京都でも大いにウケてるんだろうな。トリップアドバイザーでは1位の伏見稲荷大社に次いで2位の人気だそうで。私が観た回でも客層がかなり幅広くて、たしかに国籍・年代問わず楽しめること間違いなしと納得。
出演者は、パントマイム、ブレイクダンス、マジシャン、ジャグリング、ドールの5名。何名かいるパートメンバーの1名が公演ごとに出演するという形式。キャストによって結構雰囲気変わるのかな。私が観た回のキャストはこちら。

f:id:se__shi_ki:20180326114908j:image

ちなみに、ギアのイメージイラスト担当は『十二国記』の山田章博さん……!貪るように『十二国記』を読んでいた時期があるのでこれにはものすごく高ぶった。美麗なイラスト!物販コーナーには山田さんが描いたギアの絵本まである。すごい。


ギアのストーリーはこちら。 

人の心が起こす、再生の奇跡

人間型ロボット「ロボロイド」が働き続ける、忘れ去られた古い元おもちゃ工場。
人間が去った今も働き続けるロボロイドたちの前に、かつてこの工場で作られていたおもちゃの人形「ドール」が現れる。
ロボロイドは、異物に対する解析機能を通じて、ドールと触れ合い、ドールが持つ不思議な力により、思わぬ能力を発揮する。
一方、ドールはロボロイドたちとの「遊び」を通じて、少しずつ人間に近づいていく。
そんな楽しそうな時間もつかの間、あることをきっかけに工場が大暴走を起こしてしまう。

そして……

 

京都の感動エンターテイメント ギア-GEAR-


人間型ロボット「ロボロイド」は働き続けているものの、人間からは忘れ去られた元おもちゃ工場が舞台。観客は、ロボロイドたちの日常を見に来た見学者という設定。公演前には前説としてスタッフのお姉さんが工場見学という体で案内をしてくれて面白い。英語での説明は潔く諦めているのにも笑った。演出上、前方席の人は特に、途中でゴーグルをかけた方が安心かもというアナウンスがあるけれど、その使用タイミングは雰囲気で察してくださいとお願いする斬新さ。でもたしかに雰囲気で察せるので大丈夫。ゴーグルを使うこの演出はワクワクしてかなり好きだった。

さすがは専用劇場なだけあって、劇場自体がギアの世界観。舞台上だけじゃなくちょっとした小道具も工場内部を意識したものになっていて、スチームパンクな世界観を構築する要素の一つ。劇団四季のCATSシアターを思い出した。大分ガタが来ている工場の中にはスイッチや巨大なファンも設置されている。おまけに、座席は100席なので舞台と客席がかなり近くてキャスト陣の表情や動きをしっかり目にすることができる。まあ、その距離でじっと凝視していてもマジックのタネが分からないことが多かったんですけどね……。何がどうなってああなったんだ……。

5人中4人はロボロイドという設定のため、キャスト陣はロボットらしいカクカクとした動きが多め。ジャグリングや手品のキャストも本当にロボットらしい動きが綺麗でコミカルで、4人の動きを眺めているだけで一気に惹きこまれた。その後、ドールにパワーをもらって秘められていた才能が開花した4人それぞれが、特技を披露していくストーリー。パントマイムの動と静のギャップの美しさには息を呑むし、ブレイクダンスのダイナミックすぎる技には自然と拍手が生まれるし、観客も巻き込んだマジックには「え!?」とみんなで驚きっ放しだし、ジャグリングでのすべてコントロールされた滑らかな動きには呼吸を忘れてしまうほどで!それぞれのパフォーマンス力の高さに昂ぶった~~~!プロジェクションマッピングやレーザーライトとの合わせ技も素晴らしくて、こうしてストーリーと技術が加わるとさらにさらに楽しくなるんだなぁとニヤニヤしてしまった。
そして、ドール!最初はお人形らしくまったく動かなかったドールが徐々に表情も動作も変わっていくのがキュート。手を引かれても何をされてもピクリとも動かなくて凄まじい。好奇心旺盛で自由奔放なドールに見事に振り回されていくロボロイドたちの苦労っぷりも面白くて、笑いが絶えなかった。


ストーリー自体はかなりシンプル。ノンバーバルがゆえにあまり複雑にはできないんだろうな。ノンバーバルで本当にストーリーって理解できるものなの?という疑問を持たれそうだけど、キャストそれぞれの表情がすごく豊かな上に一挙手一投足に感情が現れているから非常に分かりやすい。セリフがなくても、私の感情は思いきり揺さぶられて、最後にはちょっとほろりともした。言葉がないからこそ「言語の壁」が生まれない一方で、観客それぞれの中でロボロイドたちやドールの「言葉」が生まれていた気がする。ラストについても観客側の想像に委ねる部分が大きい。


今までは京都のみだったけれど、すでに千葉でも公演が始まってるようなので関東の方もぜひ!私は4~5月にでも観に行く予定!

 

portsquare.jp

 

odaibako.net